「価格」「金額」「料金」「値段」「費用」の違い

お国柄やイメージを反映させると異なる呼び方に

おんぼろアパート、でも名前だけは大邸宅?

家やマンションなど人が住んでいる建物は住宅や住居と呼ばれます。住宅は一般的に用いられるのに対し、住居は法律の条文や学問などで使用されます。住宅や住居と同じような意味の言葉に家屋や住まいもありますが、家屋は地方税法上で用いられ、住まいは話し言葉として使用されています。

上に建物が建っている土地のことは敷地と、何も上に建物が建てられていない土地と区別されて呼ばれます。1つの敷地に1つの世帯が住んでいる住宅のことは1戸建と呼ばれるのに対し、1つの敷地に複数の世帯が住んでいる住宅のことは共同住宅や集合住宅と言います。2世帯住宅や3世帯住宅は1つの敷地に複数の世帯が住んでいる住宅が建てられていますが、共同住宅や集合住宅ではありません。2世帯住宅や3世帯住宅は住み方による分類方法で、1戸建か共同住宅かで言えば1戸建の扱いとなります。

共同住宅にはアパートやコーポ、マンション、ハイツ、レジデンス、メゾン、ハイムなどがあり、○○アパートや○○コーポ○○マンション、ハイツ○○、レジデンス○○、メゾン○○、○○ハイムなど建物の名前の一部として用いられることも多くあります。名前としては所有者の勝手で付けることができますが、アパートやコーポ、マンションには建物の構造上の明確な違いがあります。

ハイツやメゾン、レジデンスはイメージ

アパートというのは木造や軽量鉄骨造の2階建て以下の建物、コーポは同じく木造か軽量鉄骨造の2階建ての建物のことを指します。アパートが1階建て、あるいは2階建てであるのに対し、コーポは2階建てでなければなりません。コーポはアパートのうち2階建てのものを限定して指す言葉になります。マンションは鉄筋コンクリート造、あるいは鉄骨鉄筋コンクリート造の、3階建て以上の建物のことを言います。

これに対しハイツやメゾン、レジデンスなどはハッキリとした区別なく使用されている傾向にあります。ハイツは高台や、高台に建つ家という意味の英語「heights」から用いられるようになった言葉です。家という意味のドイツ語を語源としているのがハイム、同じく家を意味するフランス語を語源としているのがメゾンです。レジデンスというと英語で大邸宅や官邸を意味します。